病院紹介

医療法人 徳洲会 宮古島徳洲会病院 院長 宮城 和史

宮古島地域医療へ思うこと

令和3年4月1日付で医療法人徳洲会 宮古島徳洲会病院の院長として赴任いたしました宮城和史と申します。当院は平成13年4月1日に開設されましたので、開設20年という節目の年に任についたことになります。前任地は北中城村にある中部徳洲会病院でした。よろしくお願いいたします。

当院は全99床(急性期病床53床、回復期病床:包括ケア病床10床、慢性期病床:身体障害者病床36床)を有しており、また一般外来、訪問診療、透析センター、健診センターでの特定健診や人間ドック、通所リハビリを行い、更に50床の特定施設みやとくも隣接しております。

さて徳洲会グループは、「命だけは平等だ」「どこでも最善の医療が受けられる社会を目指す」を理念として活動しておりますが、そのなかでも離島医療と救急医療に最も力を入れている組織です。それを実践する上で、地元中核病院である県立宮古病院や医師会、福祉施設などとより連携を図りながら、地域医療に貢献したいと思っております。

宮古島の健康と福祉の発展・向上の一翼を担えるよう、職員一同努力して参ります。今後とも皆様の変わらぬご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

医療法人 徳洲会 宮古島徳洲会病院
院長 宮城 和史

外来表 pagetop